ホルモン剤を用いたホルモン療法は、今様々な女性の病気や症状などを改善するということでとても注目を受けている治療法ですね。しかし、ホルモン剤をただ用いるだけということはそれだけではなくリスクもありますので、それのことを理解した上で対策をしながら使って行かなくてはいけないんですね。

■ホルモン療法について
ホルモン療法は今、女性の更年期障害の症状の治療に使ったり不妊症の治療や月経不順などの治療にも使われますね。更に、それ以外にも手術後の初期治療にもホルモン療法を使ったりするんですね。ホルモン療法、というのは特に癌治療にも使われるということで注目を受けているのですが、その主な使い方ですが癌の手術のあとで血液やリンパ管を通して全身に転移してしまっている可能性がある、という小さな癌細胞の増殖を抑えるために使い、再発や転移を予防するための全身治療としても使われているんですね。

乳がん、というのは癌細胞の性質の一つとして女性ホルモンの影響を受けてしまうことで、分裂や増殖などが促進されるような性質を持っている、というタイプがあるんですね。女性ホルモンの一つ、エストロゲンという成分が乳がんの癌細胞の中のエストロゲンレセプターと結合してしまうことによって、体内での乳がんの癌細胞の増殖につながってしまう、というわけなんですね。

ホルモン剤プロベラを使ったホルモン療法と乳がんへの治療に関する効果やメカニズム

例えてみるならば、乳がんの癌細胞の核があってそこには鍵穴であるエストロゲンレセプターという物があって、そのエストロゲンレセプターに対する鍵がエストロゲン、でそれが結びついてしまうことによって核の鍵が開いて締まり、分裂と増殖をしてしまうようになっているわけなのです。

規準・プロベラ錠の個人輸入・海外通販ならTOP http://www.ntp-k.org/medicine/hormone/provera10mg.html

■エストロゲンレセプターと治療について
ホルモンレセプターという物がある、乳がんの癌細胞のことをホルモン依存性の乳がんというふうに呼びます。こういうものは、ホルモン療法による効果を期待することが出来るんですね。手術で癌細胞を摘出してから、その細胞にホルモンレセプターがあるかどうかということを検査するんですね。

そして、エストロゲンレセプターとプロゲステロンレセプターのどっちかがある場合は、ホルモン療法を使うことで効果を期待することが出来るんですね。ホルモンレセプターがある場合は、ホルモン療法を使う場合とホルモン療法と化学療法の双方を使う場合とを分けることがあります。

基本的には、病理結果でその選択をする判断になるのですがホルモンレセプターがない場合は、ホルモン療法をしても効果がないので化学療法を受けるという選択をすることが一般的になっていますね。そして、この女性ホルモンの出来方なのですが実は閉経する前と、閉経したあとで形成の仕方が変わっているんですね。

となると、性質だけではなく治療に使う際の薬の種類も変わってくるという性質があるんですね。これらはそれぞれ、卵巣機能が低下しているかいないか、ということでエストロゲンの産生のあり方自体が変わってくるという性質があるのです。

■ホルモン療法で安定させよう
がん治療、というのは手術をすれば必ず治るという物ではないんですね。術後のことを考えなくてはいけませんし、細胞を全部取り除くことができたか、だとか転移してないかということも大きな問題になりますからね。それらの転移リスクなども、このホルモン療法が効果がある場合はリスクを下げることが出来る、というのは大きなメリットではないでしょうか。

子宮系統の治療に使われるホルモン剤

子宮筋腫や子宮内膜症というものは女性ホルモンの影響を大きく受けてしまうのです。増殖や肥大化することにより不調が現れてしまいます。月経不順で紹介した同じようなアプローチ方法でホルモンの分泌を止めるのです。こちらにおいては、根本的な治療ではないのですが、症状全体を緩和させることが出来るため用いることがあるのです。

■乳がん治療に使用されるホルモン剤
乳がんの細胞というものは、エストロゲンに反応して増殖する性質があります。切除術などを行った後にがん細胞の増殖を抑制するためにこのホルモン治療が取り入れられるのです。閉経前後いっさい関係なく使用される抗エストロゲン剤・閉経前に使用されるアゴニスト製剤・閉経後に使用されるアロマターゼ阻害剤などに分けられています。

子宮系統の治療に使われるホルモン剤

■不妊治療に使用されるホルモン剤
不妊治療のアプローチとして、排卵機能に障害がある場合には「排卵誘発剤」を。着床に障害がある場合にはプロゲステロンを含むホルモン剤を取り入れていきます。不妊の原因によって使用されるホルモン剤もまた異なってくるのです。

■疾患とホルモン剤
疾患によって使用されているホルモン剤の種類やアプローチが違うのですが、どれにおいても「ホルモンバランスを調整する」という役割がありますので、一括してそれらをホルモン療法と呼んでいるのです。

■治療に用いられているホルモン剤
このように、ホルモン剤は実にさまざまな治療に対して用いられているものであるとお分かりいただけたのではないでしょうか。その時々の症状・個々の状態などによって適切な治療を受けることによって身体改善につながってくれるのです。