乳がんの治療には、術後などもホルモン剤を用いてホルモン療法を行うというようなことも今は可能性の一つになっていますね。主に、手術後の初期治療などに使うことが多いのですがそのホルモン療法についてより細かいところを解説していきましょう。

■ホルモン療法の詳細について
ホルモン療法は、手術が終わったあとでの初期治療と再発の転移治療をする際に使われる療法ですね。まずは、初期治療で使うホルモン療法についてを解説していきましょう。ホルモン療法はエストロゲンそのものを作らないようにする方法と、ホルモンレセプターにつくことでエストロゲンが入り込み結びつくことが出来ないようにするという阻害タイプのメカニズムとの2つがあるんですね。

■それぞれの利点と詳細
エストロゲンを分泌することを抑えるためのホルモン剤は、閉経しているかしていないかによって使用するホルモン剤の種類が違うんですね。逆に、エストロゲンのエストロゲンレセプターとの結合をさせないために阻害するという抗エストロゲン剤というのは閉経に関係なく両方に使われるものになっているところが大きな違いになっていますね。

閉経前だとLH-RHアゴニスト製剤を使うのですが閉経したあとだと抗エストロゲン剤やアロマターゼ阻害薬などを使うということが一般的ですね。

■ホルモン療法のまとめ
ホルモン療法とは、病気の治癒と再発防止を目的としています。エストロゲンの分泌を抑制する物と、ホルモンレセプターとの結合をすることを阻害するものの二種類があります。そして、閉経前と閉経後では治療に使う薬が違う、という特徴があります。

そして、それらの治療には主にホルモン剤の皮下注射や経口薬をするということが一般的です。