乳がんの術後や、転移などの治療をする際にはホルモン療法が今は有効だということで実際に使われることが多くなっているんですね。しかし、ホルモン剤を用いたホルモン療法というのは副作用などのリスクもどうしてもついて回ってしまうというデメリットもあるんですね。

■子宮内膜癌の心配について
ホルモン療法で用いられる一種であるタモキシフェンという物は実は乳がんにエストロゲンの働きを抑制することによって癌細胞の増殖を抑えてくれる効果があるんですね。しかし、それは子宮では女性ホルモンがよく似た作用をしてしまうので子宮筋腫や子宮内膜癌のリスクが上がってしまうというふうにも言われているので、それについて必要以上に不安に思ってしまうという人もいるんですね。

■子宮内膜癌の実際の心配について
実際のところどうなのか、というと子宮内膜癌が発生してしまう確率は正直かなり少ないんですね。確かに、一部リスクが上がってしまうことは事実ではあるのですが個人差レベルの上昇率なので、逆に乳がんの再発率を低下させる確率の方が圧倒的に多いんですね。

そのことを考えれば、明らかにメリットの方が大きいですし検診をしっかりと受けていけば安全性は保たれるので必要以上に心配することはないんですね。

■ホルモン療法の他の注意点
ただ、ホルモン療法というのはどうしても長期間に渡って行われることになります。だから、どうしても生活上で留意しなければいけないこともあるんですね。しかし、あくまでそれは経口剤の服用の期間だとか避妊などをするだとか、体調の変化について気を配るというようなことくらいです。

あとは、あまり気をつけすぎるように神経質になる必要はないのです。