ホルモン剤でのホルモン療法を用いて、癌細胞の転移や増殖を抑制するというようなやり方をする物なんですね。しかし、これらは必ずしもメリットばかりがあるわけではないのでそれを理解した上で治療の選択をしていく、ということが必要なんです。

■ホルモン療法の副作用について
乳がんの癌細胞増殖をする、というエストロゲンは原因になるものなのですがエストロゲンというのはそもそもが本来は女性が健康であるということに欠かせない女性ホルモンの一つなんですね。なので、ホルモン療法の副作用というのはこの必要なエストロゲンを癌の増殖をさせないためとは言え生み出さないようにするということによる弊害が起こってしまうんですね。

化学療法に比べると軽いとは言え、それでも大変なことがあります。

■ホルモン療法による副作用の種類
ホルモン療法の副作用、というのはエストロゲン低下による低エストロゲン状態が生み出す症状ですね。具体的には、気分が落ち込んだりイライラしたり不安になってしまったり、集中力や記憶力が散漫になってしまうということですね。他にも、不眠症や骨粗相症のリスクなど更年期障害に近いような副作用というものもありますのでそのリスクを理解した上で対策しながら使うことが大事なんですね。

■副作用への対処について
こういった副作用に対する対処は、まずホルモン療法の種類に作用などについてを理解してどんなふうに変化していくのかということを理解しなくてはいけないんですね。そして、ホルモン剤などを変更するということで副作用が改善する場合もあるんです。

理解をすることで、副作用に対する不安などを和らげることもできますし、実際アロマや漢方活用などで対処もできるんですね。